本文へ移動
夏のスペシャルイベント!

1776年7月4日にアメリカ合衆国が誕生してから今年で245年。毎年7月4日は「独立記念日」として全米で盛大に祝われます。 そこで、2021年7月3日(土)、4日(日)にアメリカ独立記念日にちなんで「WeekendはN.Y.で(ウィークエンドはニューヨークで)」と題した2Daysイベントを開催します。現代アートの中心地、ニューヨークをフィーチャーした2日間限定のスペシャルイベントをぜひお楽しみください。
アートの中心地パリからニューヨークへ移るきっかけとなった名作
ポロック「秋のリズム:No.30」
1950年 メトロポリタン美術館 アメリカ、ニューヨーク(本館1F 展示室89)

20世紀現代アートの巨匠の一人、ポロックがキャンバスを床に置き、その周りを動き回って、絵の具をまき散らす躍動的な画法で制作した作品。その後、ポロックの画法は「アクション・ペインティング」と呼ばれ、世界に大きな影響を与えました。まさにアートの中心地がパリからニューヨークへ移るきっかけとなった作品の一つです。
「アクション・ペインティング」の第一人者
ジャクソン・ポロック

1912年アメリカ西部の街コディに生まれ、農場を営む父の仕事の関係からアメリカ中西部を転々とする中で、遺跡や地上絵、トーテム・ポールなどプリミティブ・アート(原始美術)に接しながら育つ。やがて美術を学ぶためにニューヨークへ移住し、ヨーロッパのモダンアートを吸収しながら、描法に特徴的な身振りを伴う 「アクション・ペインティング」の第一人者となった。

 2日間限定 ポロックケーキが登場!
ポロックケーキ 1ピース450円(税込み)

甘酸っぱい洋ナシをサンドしたスポンジケーキをキャンバスに見立て、その上にチョコレートソースと生クリーム、香ばしいきな粉を縦横無尽にかけ、ポロック「秋のリズム:No.30」を再現したオリジナルスイーツです。


ニューヨークの美術館
メトロポリタン美術館の外観
芸術の街ニューヨークには、200万点以上の作品を所蔵するメトロポリタン美術館、モダンアートの殿堂ニューヨーク近代美術館(MOMA)、らせん状の設計が特徴的なグッゲン・ハイム美術館など数多くの美術館があります。特に、アッパーイーストの5番街沿い、82丁目から105丁目には美術館が集中しており、ミュージアムマイルと呼ばれています。
当館ではニューヨークにある美術館や個人蔵の作品を15点展示しています。

館内にあるニューヨークの作品
2日間限定 日本に居ながら - 世界の現代アートめぐり ‐
自由の女神マーク(イメージ)を作品の近くに設置
展示作品横に表示されたQRコードをスマートフォンで読み取ると、世界の現代アートや画家に関するさらに詳しい解説が入手できます。

【設置場所】全7カ所(館内 1階、2階)
※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です
------
解説作品
ポロック「秋のリズム:No.30」
リキテンスタイン「ステッピングアウト」
ウォーホル「マリリンの二連画」
マルク「黄色い牝牛」他
  7月4日(日)限定 「アメリカ独立記念」今年で245年にちなんで
星柄やボーダー柄の服や小物を身に着けてオリジナルグッズをもらおう(先着245名)
アメリカの国旗にちなみ、星柄もしくはボーダー柄の服や小物を身に着けてご来館された先着245名に、当館のロゴ入りメモ帳・ボールペン・付箋のオリジナルグッズ3点セット(非売品)をプレゼント!

【配布日時】2021年7月4日(日)9:30~ 
【配布場所】地下3階インフォメーション付近 
【配布数】245名(先着/なくなり次第終了)
当館ロゴ入りオリジナルグッズ(非売品)
    

※ご来館に際し、必ずホームページの《安心・安全のための取り組み》をご一読ください。
※イベントは、状況により、変更・休止する場合がございます。
※価格はいずれも税込みです。
TOPへ戻る