本文へ移動

カフェ・ド・ジヴェルニー(B2F)

地下2階 カフェ・ド・ジヴェルニー 
地下2階のモネの池を眺める、自然あふれるカフェ。ケーキと飲み物で、鑑賞の合い間のひとときをお過ごしください。
カレーや丼物の軽食もございます。
 
営業時間 10:30~16:00(フードメニューの販売は14:30まで) 
※当面の間、フードメニューの販売は15:00までです(期間が変更になる場合がございます)。 2021年3月6日更新

期間限定メニュー

2021年6月1日(火)~8月31日(火)限定
睡蓮パフェ 1,000円

モネの「大睡蓮」に隣接するカフェならではの、夏限定パフェが登場。
みずみずしいメロンは、作品に描かれた太鼓橋をイメージ。睡蓮をかたどった可憐なクッキーや色鮮やかなフルーツ、シェフ特製の自家製イチゴアイスクリームを使った涼しげ夏スイーツです。
モネ「睡蓮:緑のハーモニー」
(オルセー美術館所蔵)
地下1階 展示室70

期間限定スイーツ

2021年7月1日(木)から8月31日(火)まで、今話題のイタリア・ローマの伝統スイーツが楽しめる「マリトッツォフェア」を開催します。世界の名画鑑賞の合間に、スイーツでイタリア旅行気分を味わってみませんか?
各種 500 円、ドリンクセット(マリトッツォ 1 種+ドリンク 1 種)950 円

当館のシェフが丁寧に焼き上げた、バターが香るふんわりブリオッシュ生地に、口どけ軽やかで絶妙な甘さの生クリームをたっぷりサンド。甘酸っぱいフルーツや、小倉餡などさまざまな食材をトッピングした、バリエーション豊かなマリトッツォをお楽しみください。

(上段左から)チョコクッキー、レモン、きな粉&小倉餡(下段左から)イチゴ、抹茶&小倉餡

古代ローマ都市ポンペイ出土 《パン屋の夫妻》
マリトッツォとはブリオッシュ生地にたっぷりの生クリームを挟んだイタリア・ローマのパン菓子。起源は古代ローマにまでさかのぼるといわれており、古代ローマ都市ポンペイでは、西暦70年頃には市民はパン屋でパンを買っていたことが明らかになっています。
また19世紀イタリアでは、3月初めの金曜日に将来を約束した女性にマリトッツォをプレゼントする風習があり、クリームの中に指輪をしのばせプロポーズをする人もいたそうです。

【展示場所】地下3階古代13

メニュー

鯛炙り丼(味噌汁・香の物・副彩付) 1,100円
ヴィーナスカレー 1,100円
阿波尾鶏のチキンカツ丼 1,100円  
※いずれも消費税込み 
※写真はイメージです

メニュー表

このほかにもメニューがございます。
TOPへ戻る