本文へ移動

2019年フレンチアートを遊びつくす!

2019年春夏秋冬フレンチアート 大塚国際美術館で遊びつくす!
FRANCE 第3弾 2019年6月1日~8月31日
モネの「大睡蓮」
モネギャラリー 地下1階 展示室70
大塚国際美術館2019年度のテーマはフレンチアート!ファッション、グルメ、歴史など、絵画を通じてフランスの美の世界を体感してみませんか。第2弾となる6月から8月は、「自然光でみてほしい」というモネの願いを実現すべく、フランス、パリ、オランジュリー美術館所蔵の「大睡蓮」を屋外展示した周りの池に画家の愛した睡蓮が咲き、名画鑑賞とともに楽しめるベストシーズン。天候や時間帯によって作品の表情が変化する陶板名画美術館ならでは展示をお楽しみください。
 
※イベントは終了しました

6~8月 もっと知りたい!アートツアー

名画の中のレボリューション 革命的絵画
 
フランス7月革命(1830年)をたたえて描かれたドラクロワ「民衆を導く自由の女神」(ルーヴル美術館所蔵)、激しい批判にさらされながらも絵画の新時代を築いたモネの「大睡蓮」など、“革命”をキーワードに当館スタッフが絵画をご紹介、解説します。
 
<日  時> 毎週土日14:00~(約40分)
<定  員> 30人(事前予約可)
<集合場所> 地下3階 インフォメーション横
 
⇒お申し込みはこちら

美術館で楽しむ こだわりのランチ&スイーツ

 パリの台所シリーズ 第2弾「夏のランチ」  
 
南フランス風 鶏もも肉のチーズパン粉焼き ラタトゥイユ添え 香草入りレモンソース & ツナと完熟トマトのプロヴァンス風サラダ
1,300円(税込み)
 
<時間>11:00~15:30(ラストオーダー15:00)
 
 
  完熟メロンのハーモニーパフェ  
 
生涯200点以上の睡蓮の連作を描いた印象派の画家モネ。その連作の原点ともいえるのが「睡蓮:緑のハーモニー」です。画面の中心的なモティーフとして登場する橋(アーチ)を完熟メロンで表現し、睡蓮の花に見立てやピンクのマカロンをアクセントに添えました。見た目も爽やかな夏のスイーツです。 800円(税込み)
 
<時間> 10:30~16:00(フードメニューは14:30まで)
 
モネ「睡蓮:緑のハーモニー」オルセー美術館蔵
店名の由来:ジヴェルニーは、モネが43歳の時に移り住んだ、フランスの田園地帯にある村の名前です。モネは庭の池と睡蓮、周囲の草花などをモティーフに、屋外で描き続け、色調と光の微妙な変化を表現しました。
心地のいい季節、ぜひ睡蓮を臨むテラス席をご利用ください。
モネが願った「自然光のもと」での展示。最盛期には約450鉢の色とりどりの睡蓮が周りの池を彩ります。
 

大塚国際美術館で鑑賞できるモネ作品 15点

4月~2020年3月 自分のペースでめぐって楽しむ フランスアート手帳

スタンプラリー形式で館内をめぐるアート手帳。7つのスタンプを集めてクイズを解くと、モネ、ルノワール、ドガなどのフランス人画家が早わかり!
 
<設置期間> 2020年3月31日(火)まで
<設置場所> 地下3階 インフォメーション付近

6~9月 モネが愛した睡蓮が見頃です

地下2階モネの「大睡蓮」の池
「自然光でみてほしい」というモネの願いを実現すべく、陶板の特性を生かし、屋外展示しているモネの「大睡蓮」。作品の周りの池には、フランスでは気候が合わず咲かなかったというモネが愛した“青い睡蓮”など色とりどりの睡蓮が初夏から秋にかけて花を咲かせ、名画とともに楽しめるベストシーズンとなります。「花咲く水槽に囲まれた心静かな瞑想の場」とモネが名付けたように、美しい睡蓮の花に囲まれてゆっくりとご鑑賞ください。

2019春夏秋冬フレンチアート!第2弾チラシ

※ご提供いただきます個人情報はギャラリートークの予約業務に使用します。 ご本人の同意を得ずに当館業務委託先を除く第三者に提供することはありません。ただし、法令に基づく場合を除きます。
【当館における個人情報の取り扱いについては、大塚国際美術館個人情報保護方針をご確認ください。】
※各種イベント開催時には変更・休止する場合もあります。
TOPへ戻る