本文へ移動


アートコスプレ
フェルメール「真珠の耳飾りの少女」にヘンシン!
人気の体験コーナーが期間限定で復活!“ターバンや小物を身に付けて、絵画に描かれた少女と同じ表情やポーズをとれば、あっという間に名画の中の主役に!

【設置期間】2023年12月26日(火)~2024年2月29日(木)※休館日除く
【設置場所】大塚国際美術館 地下2階 エレベーター1・2付近
【参加費】無料ですが入館料が必要




\アートコスプレとともに名画をじっくり鑑賞/
地下2階 展示室54 フェルメール「真珠の耳飾りの少女」 マウリッツハイス美術館所蔵(オランダ) 

暗い背景から浮かび上がる少女が、今まさに振り返ったような臨場感あふれる作品。潤んだ瞳、艶やかな赤い唇、大きな真珠には光の粒が描き込まれています。ターバンの青色は、ラピスラズリという青色の石から作られ、当時も画家たちは大切に使用していた顔料です。




65万人を導入した史上最大規模の展覧会がスクリーンによみがえる
探求型・アートドキュメンタリー
日本でもファンの多いオランダを代表する17世紀の画家、ヨハネス・フェルメール。2023年2月~6月にオランダ・アムステルダム国立美術館で開催された「フェルメール展」は、現存する28のフェルメール作品が世界中から集められ、65万人を動員した貴重な展覧会。本作はこの「フェルメール展」で展示された作品の数々を丁寧に紐解いたアート・ドキュメンタリーである。美術館館長やキュレーターなどの作品解説や、研究によって明らかになったフェルメールの手法などから、より深くフェルメール作品を知り、ディテールまで独り占めできる時間が堪能できる本作。なぜフェルメールは人々を魅了するのかー。その答えをスクリーンで確かめよう。

    

※イベントは、状況により、変更・休止する場合がございます。

TOPへ戻る