本文へ移動
2022年9月から12月まで、地下2階カフェ・ド・ジヴェルニーで画家にまつわるメニュー月替わりでご用意しています。

クロード・モネに続く第2弾は、世界中で愛されている画家フィンセント・ファン・ゴッホ。
期間限定で、ゴッホが下宿していたレストランのメニューをアレンジしたランチや、名作からインスピレーションを得たデザートをお楽しみいただけます。
名画鑑賞の余韻に浸りながら、アートなメニューをご賞味ください。


食を通じてゴッホに思いをはせる
\2022年10月1日(土)~10月30日(日)/
ゴッホのランチプレート    1300円(税込み)
ゴッホはパリ北西部のオーヴェール・シュル・オワーズにあるレストラン「ラヴー亭」に下宿し、最後の二カ月を過ごしました。「ラヴー亭」のレシピをアレンジしたローストチキンをメインに、キノコや金時芋など秋の味覚を存分に味わっていただけるワンプレートです。


\2022年10月1日(土)~10月30日(日)/
ゴッホのヒマワリモンブラン 500円(税込み)
※ドリンク付きスイーツセットは950円
ゴッホの傑作《ヒマワリ》がスイーツになって登場。
チョコレートの濃厚な味わいを楽しめる特製モンブランは、中にオレンジクリームと生チョコが隠れていて、甘さと酸味のバランスも抜群!花びらに見立てたバナナチップととろけるようなチョコレートクリームの食感も楽しめる、シェフこだわりのスイーツです。
フィンセント・ファン・ゴッホ
 《ヒマワリ》
1889年(ゴッホ美術館蔵)
地下1階 展示室60

ゴッホは、ヒマワリの花そのものの植物学的な側面にはほとんど無関心で、太陽や光の象徴として描きました。
本作は1889年1月に制作されたもので、構図的にも色彩的にも、ゴッホが4枚目に描いたロンドン・ナショナル・ギャラリー所蔵の《ヒマワリ》を模写したものだと考えられています。


その他の名画にちなんだスイーツ

2022年9月1日(木)~12月31日(土) 
 1日30食限定 

セザンヌのアップルパイ~バニラアイス添え~
700円(税込み)


セザンヌの名画「リンゴとオレンジ」にちなんだ自家製アップルパイ。リンゴのほど良い甘さと酸味、しっかりとした食感とシナモンの香りで仕上げ、特製クッキー生地で包んだアップルパイに焼き上げました。ホームメードのバニラアイスとご一緒に。


ポール・セザンヌ
 《リンゴとオレンジ》
1895-1900年頃(オルセー美術館蔵)
地下1階 展示室78

数多く手がけた果物を画題とした静物画のひとつで、構図的にも色彩的にも最も完成度が高いとされる作品。中央のコンポートの中のリンゴを頂点とした三角構図で、複数の視点からモチーフを捉え、混在させて描いています。

テラス席で睡蓮を眺めながらランチ&ティータイム♪
【時 間】10:30~16:00(フードメニューの販売は15:00まで)





    

※ご来館に際し、必ずホームページの《安心・安全のための取り組み》をご一読ください。
※イベントは、状況により、変更・休止する場合がございます。


※ご来館に際し、必ずホームページの《安心・安全のための取り組み》をご一読ください。
※イベントは、状況により、変更・休止する場合がございます。
TOPへ戻る