本文へ移動
当館は印象派の画家クロード・モネ(1840-1926) が集大成として晩年に描いた「大睡蓮」を、“自然光の下でみてほしい”という彼の願いを実現すべく、陶板の特性を生かして屋外に展示しています。
6月中旬から9月は、作品の周りの池にモネが愛した睡蓮が次々と開花し、名画鑑賞とともに楽しめるベストシーズン!
時間や天候により印象が変わるモネの傑作と、色とりどりの睡蓮の花を一緒にお楽しみください。





モネと睡蓮
モネが絵画制作以外に関心を示したことのひとつが園芸。43歳の時にフランス北西部の田園地帯ジヴェルニーに移り住み、そこに理想の庭を作り上げ、四季折々の植物を育てていました。
なかでも睡蓮は彼の作品の主要なモチーフとなり、200点以上の連作を描いています。集大成として制作した大作「睡蓮」は、モネの意志によりフランス国家に寄贈され、現在パリのオランジュリー美術館に展示されています。

地下2階 展示室57  屋外展示 モネの「大睡蓮」(オランジュリー美術館所蔵、フランス・パリ)



睡蓮ってどんな花?
温帯性の睡蓮
水面上で花を咲かせるのが特徴。
(ときどき茎をのばして咲いている花も…)  
熱帯性の睡蓮
温帯性より開花時期が遅い。
水面より少し立ち上がった状態で
花を咲かせるのが特徴。
睡蓮は朝7時ごろから咲き始め、午後2時ごろに少しずつ花を閉じます。
熱帯性のためフランスでは咲かず、モネが想像で描いたとされる青い睡蓮も開花します。

※開花時期は天候や品種により異なります。





日本に魅了されたモネ
19世紀後半、ジャポニスム(日本趣味)が流行し、浮世絵にみられる大胆な構図や鮮やかな色づかい、日本特有のモチーフは、モネの作風に大きな影響を与えました。ジヴェルニーにあるモネの自宅には、現在も彼が集めた膨大な浮世絵が飾られています。

作品の着想源となったジヴェルニーの庭も、藤棚のある日本風の太鼓橋、しだれ柳やショウブ、シャクヤクなど、日本趣味をうかがわせます。

太鼓橋やしだれ柳が一緒に描かれた睡蓮シリーズ初期の作品
地下1階 展示室70 「睡蓮:緑のハーモニー」(オルセー美術館所蔵、フランス・パリ)





睡蓮を眺めながら和と洋のコラボスイーツを堪能♪
モネのパフェ「ラ・ジャポネーズ」 
1000円(税込み)

着物や扇子、団扇など、ジャポニスムを描いたモネの傑作からインスピレーションを得たパフェ。
和を感じさせる求肥とみずみずしいフルーツ、シェフ特製のアイスクリームやババロア、紅茶ゼリーなどさまざまな素材が重なり合い、味も食感も最後の一口までお楽しみいただけます。
地下1階 展示室68
モネ「ラ・ジャポネーズ」
(ボストン美術館、アメリカ・ボストン)
【期 間】2022年6月1日(水)~8月31日(水)
【場 所】地下2階 カフェ・ド・ジヴェルニー
【時 間】10:30~16:00

天気のいい日は、自然に囲まれた睡蓮を臨むテラス席がおすすめです。



 アクセス
    

※ご来館に際し、必ずホームページの《安心・安全のための取り組み》をご一読ください。
※イベントは、状況により、変更・休止する場合がございます。
※価格はいずれも税込みです。
TOPへ戻る