本文へ移動
大塚国際美術館は、2020年4月にレオナルド・ダ・ヴィンチ作「白貂を抱く貴婦人」を陶板で原寸大に再現し、6月から一般公開、常設展示しています。同作はレオナルド・ダ・ヴィンチが残した4点の女性肖像画の一つで、「モナ・リザ」と並び称される最高傑作とされています。
当館はこれを記念し、2020年8月8日(土)から、白石麻衣さんに“白貂のミューズ女神”に就任していただきます。
「白貂を抱く貴婦人」のモデルとなったチェチリア・ガッレラーニは、美と知性を兼ね備え、名だたる文学者たちからも称賛され、愛された女性です。
乃木坂46での活動だけでなく、女優、ファッションモデルとしても活躍され幅広い世代から絶大な人気を誇る白石麻衣さんがチェチリアに扮し、現代に舞い降りた“白貂のミューズ女神となって登場します。
この特別な機会に、レオナルド・ダ・ヴィンチの傑作とともにじっくりご堪能ください。

白石麻衣さんよりメッセージ

今回、レオナルド・ダ・ヴィンチ作「白貂を抱く貴婦人」の再現をさせていただいたのですが、撮影では、絵と同じ角度に見えるように少しずつ体の角度を調整するのは大変でしたが、滅多にない経験なので、楽しく撮影させていただきました。ぜひ、大塚国際美術館にご来場いただき、絵と一緒に楽しんでいただけると幸いです。

展示内容

■10mの全身大型たれ幕が2種
館内の吹き抜け空間に、全身の大型たれ幕が登場。“白貂のミューズ(女神)白石麻衣さんが舞い降ります。2種類の表情をお楽しみください。
 
■衣装を展示
白石麻衣さんが撮影時着用の「白貂を抱く貴婦人」衣装を展示。
 
■等身大パネルの記念撮影スポット
等身大パネルと記念撮影ができるフォトスポットを特設。
開催情報
【開催期間】2020年8月8日(土)~2021年2月7日(日) ※休館日除く※8月無休 ※開館カレンダーはこちら
【開催時間】9:30~17:00(入館券の販売は16:00まで)
【会  場】大塚国際美術館 館内
【参加費】無料(要入館料)一般3,300円/大学生2,200円/小中高生550円

白石麻衣(しらいし・まい)さんプロフィール

1992年8月20日生まれ。血液型A。2011年に乃木坂46の1期生に合格。1stシングル「ぐるぐるカーテン」でCDデビュー以降、グループの中心メンバーとして活躍。2020年1月に25thシングル「しあわせ保護色」の活動をもって乃木坂46を卒業することを発表。多くの女性ファッション誌でモデルを務めるほか、女優としても活動中。

レオナルド・ダ・ヴィンチ「白貂を抱く貴婦人」

レオナルド・ダ・ヴィンチ「白貂を抱く貴婦人」
「白貂を抱く貴婦人」は、レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた4点の女性肖像画の2作目で、ミラノのルドヴィーコ・スフォルツァ(通称イル・モーロ)侯に仕えていた時期の作品です。
モデルは、1489年にルドヴィーコの愛妾となったチェチリア・ガッレラーニで、当時15歳くらいであったといわれています。腕に抱く白貂(冬毛のオコジョ)はギリシャ語で「ガレー」といい、彼女の苗字の語呂合わせであり、貂は「純潔と節制」のシンボルとされます。
モデルの衣装は、当時ミラノ宮廷では最新の流行でスペイン風のデザインであったそうです。
 
「白貂を抱く貴婦人」についてはこちら
 
 
 
■■ご来館前に下記を必ずご一読ください■■ 
 
※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、臨時休館になる場合があります。最新情報はWEBサイトにてお知らせいたします。
TOPへ戻る