本文へ移動

ゴッホへのオマージュ作品追加!

ゴッホへのオマージュ作品 ゴッホの誕生日に追加展示決定!
オランダ印象派 イサーク・イスラエルス
ヴァン・ゴッホ「ヒマワリ」の前に立つ女
2019年3月30日より追加、常設展示
大塚国際美術館は、オランダ印象派を代表する画家イサーク・イスラエルス(1865-1934)が描いた「ヴァン・ゴッホ『ヒマワリ』の前に立つ女」を陶板で原寸大に再現し、ゴッホの誕生日である3月30日に合わせ、同日に追加、常設展示いたします。
 
ゴッホ(1853-1890)の弟テオの妻ヨーは、特別な友人であったイスラエルスに3年間(1918~1920)、「ヒマワリ」を無償で貸し出しました。「ヒマワリ」は当時イスラエルスが住んでいたオランダ・ハーグの自宅居間に飾られ、タバコを吸いながら作品に見入る女性が描かれています。多大な影響を受けたゴッホへのオマージュと言っても良い作品です。
 
ゴッホは花瓶に入った「ヒマワリ」を7枚描いており、イスラエルスの絵に登場するのは4番目の「ヒマワリ」と言われ、ロンドンのナショナル・ギャラリーが1924年に妻ヨーから購入しています。
 
イサーク・イスラエルス「ヴァン・ゴッホ『ヒマワリ』の前に立つ女」
1920年ごろ、70.5×50.5㎝、ゴッホ美術館、オランダ
※画像は原画を撮影したものです
▲花瓶に入った「ヒマワリ」を一堂に鑑賞できる展示室。左から4番目の「ヒマワリ」がイスラエルスの画中に登場する。
▲「自画像」「アルルのゴッホの部屋」などが並ぶゴッホギャラリー

当館で鑑賞できるゴッホ作品一覧(16点)

作品名 所蔵先 作品No
1 麦藁帽子の自画像 デトロイト美術研究所、アメリカ 704
2 自画像 オルセー美術館、フランス 705
3 アルルのゴッホの部屋 オルセー美術館、フランス 707
4 ローヌ川の星月夜 オルセー美術館、フランス 708
5 種まく人 クレラー=ミュラー美術館、フランス 709
6 ガシェ博士の肖像 オルセー美術館、フランス 710
7 オーヴェールの教会 オルセー美術館、フランス 711
8
ジャガイモを食べる人々
ゴッホ美術館、オランダ 1022
9 ヒマワリ 個人蔵
1076
10 ヒマワリ 1945年兵庫県芦屋市にて焼失 1075
11 ヒマワリ ノイエ・ピナコテーク、ドイツ 1077
12 ヒマワリ ナショナル・ギャラリー、イギリス 1078
13 ヒマワリ 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、日本 1079
14 ヒマワリ フィラデルフィア美術館、アメリカ 1080
15 ヒマワリ ゴッホ美術館、オランダ 706
16 タラスコンへの道を行く画家 1945年消失、ドイツ 1082
 
TOPへ戻る