本文へ移動
ゴッホが描いた世界に浸って・・・
星月夜ロード
THE  IMEERESIVE  EXPERIENCE
ゴッホがアルル時代に描いた作品「ローヌ川の星月夜」にインスパイアされた“星月夜ロード ”が登場。きらめく光は夜空に輝く星のよう。作品の中に足を踏み入れたかのように、ゴッホが描いた世界に没入ください。

 場所   地下1階


ゴッホに捧げられた名曲に包まれて♪

「星月夜ロード」では、アメリカの歌手ドン・マクリーンが、1971年に発表しゴッホにささげられた名曲「Vincent(Starry,Starry night)」(ヴィンセント(星月夜))を含むアルバム、「Loving Vincent」全14曲が流れています。音楽と絵画の競演をお楽しみください。


ゴッホがアルル時代に描いた夜景の1枚
ゴッホ「ローヌ川の星月夜」
1888年 オルセー美術館所蔵、パリ

 ゴッホは、ローヌ川が流れるアルルの地を、憧れの国である「日本のように美しい土地」と思い、愛していました。澄んだ空に、大きな星々が放射状に輝きを放ち、水面にはゆらめくガス灯の光が映り、手前には一組のカップルが身を寄せ合っています。ゴッホは、見たままの景色を描いたわけではなく、いくつかの実景を組み合わせて「ローヌ川の星月夜」を描いたとされ、きらきらと輝く星の、最も明るい中心部分は、チューブから直接絵の具を絞り出して描き加えたといわれています。
 彼にとってアルルの町は、この上ない美しい輝きを放つ街だったのでしょう。





    

※ご来館に際し、必ずホームページの《安心・安全のための取り組み》をご一読ください。
※イベントは、状況により、変更・休止する場合がございます。
※価格はいずれも税込みです。
TOPへ戻る