本文へ移動
花の女神フローラシークレットガーデン
好評のフラワーアートウォールが、ボッティチェッリの名作「春(ラ・プリマヴェーラ)にインスパイアされた“秘密の花園”に変身。
絵に登場する
バラカーネーションアネモネなどのアートフラワーで彩られ、ほのかに漂う花の香りがお楽しみいただける空間に。

 設置期間  4月1日(木)~2022年3月31日(木)
 設置場所  地下2階 ルネサンス入口
花の女神フローラの名はフィレンツェの地名の語源ともいわれています
約5200本のアートフラワーに囲まれてアートなフォトを
ルネサンスを代表する名作
ボッティチェッリ「春(ラ・プリマヴェーラ)」
1478~1482年頃 ウフィツィ美術館所蔵、フィレンツェ

舞台は永遠の春の国。ヴィーナスや花の女神フローラ、西風のゼフュロスなど神話の神々が描かれています。この作品は当時のフィレンツェで政治家、銀行家として台頭してきたメディチ家の結婚を祝う目的で描かれたという説もあります。
西洋の古くからの風習で花嫁が髪に飾っていたとされるオレンジの花が、神々の頭上で咲き、足元には、結婚や愛を意味する花言葉を持つ、約40種類500本の花々が咲き誇っています。
    

※ご来館に際し、必ずホームページの《安心・安全のための取り組み》をご一読ください。
※イベントは、状況により、変更・休止する場合がございます。
※価格はいずれも税込みです。
TOPへ戻る