本文へ移動

ユニークな3つの展示方法

1,000余点にも及ぶ名画の数々。
展示は西洋美術をより深くそして楽しく理解していただくため、大塚国際美術館では
(1)環境展示、(2)系統展示、(3)テーマ展示の3つのユニークな展示方法をとっています。

1 環境空間をまるごと再現! ダイナミックな環境展示

スクロヴェーニ礼拝堂
古代遺跡や教会などの壁画を環境空間ごとそのまま再現した今までにない臨場感を味わえる立体展示です。
秘儀の間
主な展示作品
システィーナ礼拝堂天井画および壁画/ヴァティカン
スクロヴェーニ礼拝堂/パドヴァ、イタリア
聖マルタン聖堂壁画/ノアン=ヴィック、フランス
秘儀の間/ポンペイ、イタリア
モネの「大睡蓮」/オランジュリー美術館、フランス

2 西洋美術史の変遷がわかる! 系統展示

中世展示室
古代から現代に至るまでの西洋美術の変遷が美術史的に理解できるように順を追って展示しています。
 
主な展示作品 
【古代】約130点
ギリシャの壷絵、ポンペイの壁画、モザイク画など
 
【中世】約100点
イコン、聖堂の壁画など
 

【ルネサンス】約140点

ボッティチェッリ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエッロなど

バロック展示室

【バロック】約120点

レンブラント、ベラスケス、ゴヤなど
 
【近代】約330点
ターナー、ミレー、ルノワール、ゴッホ、セザンヌ、ゴーギャン、ムンクなど
 
【現代】約100点
ピカソ、ミロ、ダリなど

3 表現方法の違いを実感! テーマ展示

テーマ展示
レンブラントの自画像
人間にとって根源的かつ普遍的主題など、時代を超えて古今の画家達の描いた代表的な作品を展示しました。それぞれの表現方法の違いを比較することができます。
 
テーマ
・空間表現
・食卓の情景
・トロンプ・ルイユ(騙し絵)
・家族
・時
・運命の女
・生と死
・レンブラントの自画像
TOPへ戻る