大塚オーミ陶業株式会社の多彩な表現展

   
「大塚オーミ陶業株式会社の多彩な表現展2017」開催のお知らせ
触れる!NIPPONの美
 
2017年10月3日(火)〜11月19日(日)まで、大塚国際美術館 地下3階センターホールで「大塚オーミ陶業株式会社の多彩な表現展2017」を開催します。
大塚オーミ陶業は西洋絵画のみならず、日本美術の再現にも取り組んでおり、本展は陶板を通し、日本を代表する美に間近に触れていただける貴重な機会です。
 
俵屋宗達の「風神雷神図屏風」(国宝)と尾形光琳の「風神雷神図屏風」(重要文化財)の陶板による再現作品を併設するほか、現代日本画壇の巨匠と言われる加山又造、平山郁夫、田渕俊夫などの作品も展示いたします。
ぜひこの機会にご来館ください。
 
 
日 時 2017年10月3日(火)〜11月19日(日)
    9:30~17:00(入館券の販売は16時まで)
休館日 毎週月曜(10/9は開館、10/10が休館)
 
会 場 大塚国際美術館 地下3階センターホール
    観覧無料ですが、大塚国際美術館の入館料が必要です。
 
主 催 大塚オーミ陶業株式会社
    〒540-0021 大阪市中央区大手通3-2-21 Tel.06-6943-6695
 
協 力 大塚国際美術館
 
 
陶板名画とは
世界の名画の数々を、陶器の大きな板の上に再現した「陶板名画」。サイズ、色彩はもちろんのこと、表面の質感や、筆遣いまで、原画に忠実に再現できます。その再現性の高さは原画の所有者からお墨付きをもらうほどです。また、半永久的な耐久性を持つ陶板名画は貴重な美術品・文化財の記録保存という役割も果たしています。徳島県鳴門市にある大塚国際美術館は、大塚オーミ陶業株式会社が制作した陶板名画を約1000点展示しており、古代壁画から世界25カ国190余の美術館が所蔵する現代絵画まで、西洋名画を一堂に鑑賞することができます。
本展では、大塚国際美術館未収蔵の陶板名画や「日本美術」を通して、陶板による幅広く多様な取り組みをご紹介することで、陶板の魅力をお楽しみいただければと思います。
 
 
展示作品(予定)
・俵屋宗達「風神雷神図屏風」(国宝)
・尾形光琳「風神雷神図屏風」(重要文化財)
・加山又造「風」
・平山郁夫「仏教伝来」
・田渕俊夫「日本の四季」
 
・ゴッホ、フィンセント・ファン「タンギー爺さんの肖像」
・歌川広重「名所江戸百景 亀戸天神境内」
・歌川広重「名所江戸百景 亀戸梅屋敷」

その他、【小作品】
・尾形光琳「紅白梅図屏風」
・平山郁夫「厳島神社」「法隆寺」「結因の銀華 長谷寺」
※小作品は原寸大での再現ではございません。
 
※滋賀県にて開催! 
 大塚オーミ陶業株式会社 創業45周年記念シンポジウムについてはこちら
<<大塚国際美術館>> 〒772-0053 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1 TEL:088-687-3737 FAX:088-687-1117