おすすめの今月の1枚

   
大塚国際美術館スタッフが毎月おすすめの作品をご紹介。
絵画鑑賞をもっと身近に興味深く楽しんでいただけたら嬉しいです。
 

【今月の1枚】ルノワール《団扇をもつ少女》

【今月の1枚】ルノワール《団扇をもつ少女》
 
今月は、新年を祝うにふさわしい、華やかさと明るさに満ちたルノワールの作品、「団扇をもつ少女」をご紹介します。
 
彼が描く多くの女性肖像と同様、この作品からも親近感やあたたかみ、愛らしさなどが感じられます。
 
花飾りがついた麦藁帽子をかぶっている少女は、フランスの国立劇場コメディー・フランセーズの人気女優になったジャンヌ・サマリー。ルノワールのお気に入りのモデルで、彼女の魅力に惹かれた彼は何度も描きました。わずかに見える椅子の背もたれから、椅子に座って視線を向けていることが伝わってきます。
 
19世紀中頃のパリ万国博覧会の開催により、ジャポニスム(日本趣味)が沸き起こり、日本からの美術工芸品などの出品は印象派の画家たちに影響を与えました。ルノワールは、マネやモネ、ドガのように日本美術を研究し、その成果を自身の芸術に生かしたわけではありませんが、この絵は彼のジャポニスム(日本趣味)の好例ともいえます。
 
英国風タータンチェックの洋服、右手に持たれた日本風の団扇や日本の菊を思わせる花々から、当時の流行を取り入れた作品とも見受けられますが、関心が寄せられた日本のアイテムのひとつである団扇は、ここでは涼をとるための実用性はなく、アクセサリーのひとつとして役割を果たしています。また、画面右半分を占める花束が、少女の美しさ、艶やかさとマッチしており、これとは対照的である緑のストライプのシンプルな装飾的効果も注目したい点です。
 
「幸福」をテーマにしていたルノワールが描く人物たちは、いつもほほ笑み、優しい表情をしています。彼の作品のように、たくさんの幸せが花開く1年となりますように。
 
                                      (文責:吉本 早希 2019年1月)
 
 
ルノワール《団扇をもつ少女》
ルノワール、オーギュスト[1841-1919]
「団扇をもつ少女」
1881年頃
油彩、カンヴァス/65×54cm
クラーク美術研究所、ウィリアムズタウン、アメリカ
<<大塚国際美術館>> 〒772-0053 徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1 TEL:088-687-3737 FAX:088-687-1117